日中はこまめにエタノールでワキの臭いをブロック!

暑い季節になると気になるのが、体臭。特にワキの臭いで困っている人は少なくないのではないでしょうか。

薬局やコンビニでは様々なデオドラントが売っていますが、残念ながら効果はイマイチというものも。

デオドラントは発汗を抑えたり、臭いを抑えたりするのに効果がありますが、そもそも汗をかくことを抑えるのは至難の技ですし、体にもよくありません。

エタノールは除菌効果がバツグンなので、ワキに溜まった汗を放置することによる細菌の繁殖を抑えてくれます。そのため、ワキからの臭いを最小限に抑えられます。

ワキの臭いを抑える、という効果はデオドラントと同じですが、抑える方法が違うのです。

ワキに潜む菌の繁殖を抑えて、常に清潔!

そもそも人間は、汗をかくことで体温の調節をしています。なので、汗をかくことが悪いわけではありませんし、まして汗自体が臭いを発しているわけではないのです。

一番の敵は、ワキにかいた汗を「放置しておくこと」。

放置しておくことで汗はワキに存在する毛穴に溜まり、時間が経つと臭ってくるのです。

エタノールには発汗を抑える効能はありませんが、ワキを除菌することによって、常にワキやワキの毛穴を清潔に保ってくれます。

デオドラントで効果があまり感じられないのは、除菌よりも汗を抑えたり臭いを他の香りで隠したりするところに重きをおいているからではないでしょうか。

時々、ワキ汗の臭いとフローラルな香りが入り混じった、なんとも言えない臭いを発している人を見かけます。

こまめに除菌をしないと、菌の巣窟に…

汗をかいた後、すぐシャワーを浴びることができればいいのですが、なかなか毎日そうはいかないのが現実。

汗を分泌する腺はエクリン腺とアポクリン腺の2種類があります。そのうちエクリン腺は体のほとんどに存在していて、小さいながら常に汗を蒸発しています。

体全体をエタノールでこまめに拭き取るのは大変ですが、とくに汗をかきやすく、蒸れやすい箇所であるワキは、汗をかいたまま放置しておくと菌の巣窟になりやすいのです。

除菌をせず、菌の好きな環境を作ってしまうと、どんどん増殖していき、臭いの原因になります。また、臭いを放つ汗が洋服につけば、さらに臭いは酷くなり、周りの人からの印象にも繋がります。

日本人は特に、世界的に見ても清潔感を重要視する傾向があるのでなおさらです。

エタノールは予防ではない!拭き取る回数が多ければ多いほどヨシ

上記にある通り、エタノールはデオドラントと違い、事前に汗を抑制して臭いを発することを予防するものではありません。あくまでも汗をかいた「後」に、すぐに拭き取ることが大事です。

なので、臭いのレベルによりますが、数時間に1回ワキ汗を拭き取る習慣をつけましょう。回数が多ければ多いほど殺菌できるので「こまめ」が大事です。

最近のデオドラントは持ち運びに便利な小さいタイプなど種類も豊富で、それに比べるとエタノールは、拭き取るコットンも用意しないといけないため多少手間取るかもしれません。

始めはなかなかめんどくさい、と思う方もいるかもしれませんが、汗を拭き取るだけで臭いをほとんど根絶できるのです。これから暑い時期がやってきますが、できるだけ清潔な体でいたいものですよね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*